インビザライン矯正

インビザライン矯正とは

インビザライン矯正とは透明の素材でできたマウスピース型の装置を使った矯正です。
型取りデータから患者様の理想の歯並び、そしてその過程をシミュレーションし、各ステップに合わせたインビザラインを作製します。インビザラインを交換しながら、歯を動かしていきます。
マウスピース型の矯正装置にはいくつか種類がありますが、当院では世界的な実績のある「インビザライン」を採用しております。

インビザライン矯正のメリット・デメリット

インビザラインは大変すぐれた矯正装置ですが、デメリットも存在します。メリットだけでなく、デメリットをご確認の上、患者様にとってより良い選択をしていただければと思います。

メリット

目立たない

目立たない透明な薄い素材でつくられるインビザラインは、装着時も目立ちません。ごく自然にお口に馴染みます。

取り外し可能

取り外し可能ご自身で簡単に着脱していただけます。食事、歯磨きのときには外していただき、装置を気にせず食べられ、磨くことができます。

デメリット

使用できないケースがある

歯並びが大きく乱れている場合は、インビザラインによる治療ができないことがあります。

1日17時間以上の装着

十分な効果を得るためには、1日17時間以上の装着が欠かせません。歯がある程度動かないと、次の装置に交換できず、治療が長引くことがあります。

外さないといけないときがある

食べ物・色のついた飲み物を摂取するとき、また歯磨きの際には、外していただく必要があります。装置を気にせず食べられる・磨けるということはメリットではありますが、このような手間が生じます。※着脱自体は、慣れれば数秒で行えます。

インビザライン矯正の適応条件や年齢

適応条件

以下の両方に該当することが、インビザラインの適応条件となります。

  • 歯並びの乱れが一定の範囲内
  • 上下の顎の位置が前後、あるいは左右にずれていない

使用できる年齢

第二大臼歯が生えている中学生以上の方であれば、インビザラインによる矯正治療を受けていただけます。

インビザライン矯正の流れ・期間・通院頻度

インビザライン矯正の流れ

1. 矯正相談

矯正相談患者様のご不安、ご希望をお話しいただきます。
治療内容、治療期間、費用のことなど、何でもお尋ねください。
歯並びの状態を確認し、院長からアドバイスをいたします。

2. 精密検査

精密検査画像検査、模型用の型取りなどの精密な検査を行います。

3. 診断と説明

診断と説明 また、具体的な治療内容・治療計画をご説明いたします。

4. 虫歯・歯周病チェック

虫歯・歯周病チェック虫歯・歯周病がある場合には、矯正前に治療を済ませておきます。

5. インビザライン作製の準備

インビザライン作製の準備インビザライン作成用の型取り、口腔内写真の撮影などを行います。
※当院では3Dスキャナー「iTero Element」を導入しているため、シリコン印象材による型取りは必要ありません。スキャンにより短時間で、精密な口腔内の立体画像データが得られます。

6. 治療開始

治療開始マウスピースができあがりましたら、矯正治療の開始です。2週間に一度、新しいインビザラインに交換しながら治療を進めていきます。

7. 通院

通院1か月に一度ご来院いただきます。歯の動き方を確認し、問題なければ交換用マウスピースをお渡しします。

8. 保定期間

保定期間インビザラインでの治療が終了したら、リテーナー(保定装置)を装着していただきます。
歯の後戻りを防ぐための大切な期間です。
この期間も3~6か月に一度の通院をしていただき、歯の落ち着きの程度、後戻りの有無の確認を行います。(約2年間)

治療期間について

個人差はありますが、2年~2年半がおおよその目安となります。

通院頻度について

基本的に、1か月に一度のペースで通院していただきます。ご来院の際には、歯の動き方をチェックし、交換用のマウスピースをお渡しします。

インビザライン矯正の痛みやストレスについて

インビザラインは、2週間使用する1つのマウスピースにつき、0.25ミリずつ歯を動かしていく設計になっています。一般的に、ブラケットとワイヤーを使用する矯正治療より痛みは少なくて済みます。マウスピースの交換の直後には多少の痛み・違和感が生じますが、日が経つにつれて慣れていきます。
また、インビザラインは患者様ご自身での着脱が可能ですので、食事や歯磨きもストレスなく行っていただけます。オンとオフの切り替えがしやすい矯正方法と言えるでしょう。

TEL.06-6618-4618
インターネット予約はこちら
メールでのお問い合わせ
一番上に戻る